日本で最初の環境に特化した「正しい犬の散歩方法」↓下の画像をクリック!!!

ちょっとチェックしましょう。

  • 2013/10/24(木) 14:18:29


美容テンプレート3ヶ月サポートあり・美容サイト作成のためのテンプレート・WEB素材・デザインのオールインワンパッケージ



女からモテる顔になる男性向け美顔術〜皮膚科学に基づいた矢吹式スキンケア〜



ヤマシタGOLF塾 『ゴルフ上々通信PDF 13-07版』



実践セミナー「実用性感マッサージ体験研修会」

ブログを引っ越しします!

  • 2013/10/13(日) 16:47:55

みなさんこんにちは

DTIブログがサービスを終了するためブログを引っ越しします。

↓こちらが引っ越し先のアドレスです。
http://namazunet.blog.fc2.com/

世界一わかりやすい財務諸表の授業

  • 2013/09/09(月) 23:45:07



内容紹介
貸借対照表(B/S)も、損益計算書(P/L)も、「そういうことだったのか!」と「納得」しながら「理解」できてしまう本ができました。
登場人物の新入社員・三木くんになったつもりで読み進むうちに、じつは経理担当者も知らない財務諸表の「なりたち」と「しくみ」が、おもしろいようにわかるようになります。
「世界一わかりやすい」という看板に偽りがないことを、どうぞ手に取ってお確かめください。

出版社からのコメント
はっきりいって、私の苦手なジャンル、どうしようかと最初は戸惑いました。でも並木先生の「ていねい」で「やさしい」説明を受けたとたん、「そうだったのか!」と膝をたたいていました。なんといっても簿記の知識を必要としないのですから。本書の登場人物は、右も左もわからない新人の三木くん。いわば私の分身です。その三木くんの悪戦苦闘ぶり、そして成長ぶりを、どうぞご覧ください。本書を読み終わったとき、驚くほど財務諸表が理解できていることに気づくはずです。

内容(「BOOK」データベースより)
じつは経理担当者も知らない財務諸表の「しくみ」が、おもしろいようにわかる!貸借対照表も損益計算書も「そういうことだったのか!」と「納得」しながら「理解」できる。



脳が加速する3つの習慣

  • 2013/09/09(月) 23:32:43



内容紹介
50万部ベストセラー『脳が冴える15の習慣』の著者が贈る最新刊。同書より「もっと楽に実践できる方法を」と考え続け、著者がたどりついた「冴える脳」理論の集大成。脳が冴えるとは究極的には「直観力」が上がることであるとし、そのための方法を「読む」「書く」「話す」の3段階でシンプルにまとめています。著名人のエピソードなども豊富に盛り込み、また具体的なワークの提案もあり、実践的。期待の一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
「迷う」「悩む」が減っていく!『脳が冴える15の習慣』著者の「冴える理論」完成形。

著者について
築山 節 (つきやま たかし) プロフィール
1950年、愛知県生まれ。日本大学大学院医学研究科修了。医学博士、財団法人河野臨床医学研究所附属北品川クリニック・予防医学センター所長。脳神経外科専門医として数多くの治療や研究に携わってきた経験をもとに、“脳に良い生活習慣"を提唱。著書に、『脳が冴える15の習慣』『脳と気持ちの整理術』『フリーズする脳』(すべて日本放送出版協会)など。



「悩み」は「お金」に変わる (角川フォレスタ) 「悩み」は「お金」に変わる (角川フォレスタ)

  • 2013/09/09(月) 23:22:32



内容紹介
1万人の悩みを解決し、5年で10億円稼いだ著者が教える99%の人が知っているが
1%の人しか実行していない時代を問わず無限に稼げる発想転換法。

悩みがあるからこそ、人の役に立ち、自分も幸せになれる!
悩みを解決しながら同時にお金を生み出した事例をもとに誰もができる再現性のある方法を紹介。

「恥ずかしくて人に言えません……」
悩みというものは人に打ち明けづらいもの。特に恥ずかしい悩みを持っている場合はそうなります。
でも安心してください。そんな人に言えない「悩み」こそが「お金」を生み出すスイッチ。
悩みをお金に変える場合は、人に打ち明けられないからこそ、稼ぎやすいものになります。
もしくは、誰に相談していいかわからない。だからこそお金を生み出しやすいものだと言えます。
「悩み」は「お金」に変わるという、誰もが頭では理解しているが、
ごくわずかな人しか実行していない発想転換法を中心に、実際にお金を稼ぐ技術や具体的な方法を紹介。

・あなた自身がお金を生み出すための発想転換法・仕組み・具体的な方法
・状況が変わっても、その時代にあった稼ぎ方をみつける考え方と行動基準
・何度でも無限にお金を生み出すために必要なこと
・実際に悩みをお金に変えた9つの実例 など

お金があれば、幸せになるために必要なモノ、知識、経験などを手に入れることができます。
お金は目的でなくあくまでも手段。自分が正しいと感じ、やりたいことができるようになる。
それがお金本来の役割です。
本書では実際に多くの悩みをお金に変え、5年で10億円稼いだ過程で気付いた多くの真実を包み隠さずあなたへ伝える「告白の手紙」として書います。

●本書の目次
【第1章】悩みをお金に変える思考法
【第2章】悩みをお金に変えた物語
【第3章】悩みをお金に変える仕組み・極意・技術
【第4章】悩みをお金に変えた実例集
【第5章】悩みをお金に変える人の習慣

内容(「BOOK」データベースより)
99%の人が知っているが1%の人しか実行していない無限に稼げる発想転換法。1万人の悩みを解決し5年で10億円稼いだ著者が明かすここだけの話。

著者について
1986年埼玉県生まれ。教師を目指し明治大学理工学部に入学するも、起業家に憧れチャレンジ。しかし失敗続きでついに借金総額が100万円に。返済するために検索した「裏アルバイト情報」から稼ぐきっかけを得る。そこから3ヶ月後に30万円稼いだことを転機に大学を中退し、独立を決意。初年度から6000万円の売上を出し、27歳にして5年間での総売上は10億円以上という実績を出し、雑誌の取材やメディア出演の依頼が殺到するも全てを断る。現在はビジネススクールの塾長として全国でセミナーや講演会など精力的に活動。



書くだけで自分が9割変わる

  • 2013/09/09(月) 23:19:45

内容紹介
「今の自分に満足していないけれど、何から変えていけばいいのか分からない」と悩んでいる人必読!

■本書について

著者の中司祉岐氏は、経営日報の赤ペン指導でクライアントの売り上げを倍増させてきた
“日報コンサルタント"です。
中小企業のオーナー、講演会の参加者など、これまで3000人以上の
ビジネスマンの業績を向上させてきた、
「紙に書き出して自分を見つめなおす」メソッドの専門家です。

著者が新たなクライアントを指導するときに、
まず最初に用意してもらうのが、紙とペンだけ。

1日7分。
今日1日の行動を紙に書き出すだけで
いま「やるべきこと」が見えてくる、この方法は
ヤル気はあるけれど、何から手をつけていいのか
モヤモヤしている人に最適です。

■目次より(抜粋)

1章 紙に書き出して、一日七分集中する
01 毎日の積み重ねで世界が変わる
04 記憶がなくならないうちに書き出す
06 一日七分ならすきま時間にできる
……

2章 何を書くか? どう書くか?
01 まず紙に書いて問題を見極める
08 アナログだから、問題意識が深くなる
12 第三者評価は、ゆる〜く考えよう
13 三日坊主にならないために
……

3章 書いた紙を見ながら、カイゼンする
01 「WHY」から「HOW」へ視点を変える
02 解決策一つで満足してはいけない
08 自分だけのデータベースをつくろう
10 論理的思考と直感的思考
……

4章 見つけた解決策を実践する!
02 やる気よりも、「いつやるか」が大事
04 スケジュールは自分で決める
07 失敗は、一歩前進と考える
……

5章 毎日振り返れば夢も見つかる!
01 夢、目標、目的のない人生はつまらない
03 「夢に向かって一直線! 」の罠
04 夢はボトムアップでつくっていく
……

著者について
中司 祉岐(なかづか・よしき)

株式会社日報ステーション代表取締役。
経営日報の“赤ペン指導"で売り上げを倍増させる日報コンサルタント。
クライアントからは、FC、特定ブランドで売り上げ日本一を多数輩出している。
高校卒業後、零細飲食店に入社。集客を担当し来店者数10倍、客単価2倍を実現。
その後、勤務した大手アパレルチェーンでは、販売員として全国トップテンに入る業績を上げる。
そこで中小零細企業こそ少しの工夫で成果が出せると気づき、
株式会社ビジフォーム(現・株式会社日報ステーション)を設立。
著書に『A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報』(経済界)、
『小さなひらめきが成果に変わる A4マイ日報で「勝ちパターン」仕事術』(幻冬舎ルネッサンス)がある。



小さなひらめきが成果に変わる A4マイ日報で「勝ちパターン」仕事術

  • 2013/09/09(月) 23:17:15

エディターレビュー

内容紹介
1日1枚の日報を書いて、退社前に7分間読み返すだけ。
これだけで、「小さなひらめき」が必ず「成果」に変わる。

日報を読み返して、うまくいったことは「ルール化」し、うまくいかなかったことは「やめるor改善」する。極めてシンプルなこの「勝ちパターン」メソッドは、日々の「報告書」から導き出される。ビジネスにおいて大切なことは、「効率化」でも「成功者のマネ」でもない。「事実」の積み重ねから実態を把握し、「明白な根拠」をもって「揺るぎない行動」を起こすことだ。それが、最短距離で成功に近づく道筋である。
上司や会社に提出するための日報には何の意味もない。自分のためだけに書く日報こそが、世界で一つだけの「成功への教科書」になるのだ。努力が空回りする「やみくも」な仕事の仕方から「根拠ある」行動へと変革する、最強のビジネスツールこそが「マイ日報」なのだ。
本書では、「自分の働き方は正しいのか」、「今の仕事で思い描く将来に近づくのか」と悩むビジネスパーソンに向けて、「克服したい弱点」や「伸ばしたいスキル」に合わせた日報のつくり方・書き方を、クライントの中から続々と「日本一」を輩出している日報コンサルタントが伝授する。
即実践できるように、巻頭にはA4原寸の日報テンプレートを掲載。

内容(「BOOK」データベースより)
仕事は「型」にはめろ!時間管理ができない、アイディアが出ない、プレゼンが苦手…すべて解決!「潜在力」を引き出す日々の習慣。誰にも提出しない「自分だけの報告書」が最強の武器になる。

著者について
株式会社日報ステーション代表取締役。経営日報の赤ペン指導で売り上げを倍増させる日報コンサルタント。高校卒業後、零細飲食店に入社。集客を担当し来店数10倍、客単価2倍を実現。その後、勤務した大手アパレルチェーンでは、販売員として全国トップテンに入る業績をあげる。その営業・販売の実績を買われ、零細企業の創業、事業立て直し支援事業に従事。そこで中小零細企業こそ少しの工夫で成果が出せると気づき、零細企業専門コンサルタントとして独立、株式会社ビジフォーム(現株式会社日報ステーション)を設立。著書に『A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づくなかづか日報』(経済界)がある。




成功マインドのつくり方: 潜在能力を引き出す“7つのステップ” (知的生きかた文庫)

  • 2013/09/09(月) 23:15:20

エディターレビュー

内容紹介
「最後のページを読み終えたときに、あなたは確信をもって言えるはずです。
『自分は必ず成功できる』と」
――本田直之(ベストセラー「レバレッジ・シリーズ」の著者)

全世界で35万人の人生を変えたコーチが、
必ず目標を達成するための“マインドの法則”を紹介。

■「選択」しだいで「ほしいもの」は必ず手に入る
■自分を「小さく」見積もらない
■「メモ1枚」でマイナスイメージを一掃する方法
■「フリータイム」の活用で集中力を高める
■躊躇せずに人に助けを求めていい
■成功者は例外なくエネルギーの管理がうまい

……など、トップ3%の成功者の「心の習慣」を、誰でも簡単に実践できるように、わかりやすく解説。
キャリア、お金、自由な生き方、恋愛……など、ほしい結果をすべてつかめる1冊。

本田直之氏によるコラム『1の努力で10の結果を生み出す法』も収録。

内容(「BOOK」データベースより)
あなたの“ミッション”は何か?“時間が限られている”からこそ成果が上がる。「やりたくないこと」リストをつくる。あなたの背中を押してくれる人、足を引っ張る人―。まるで“車を運転する”ように無意識にゴールにたどり着く方法。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
セント・ジョン,ノア
サクセス・クリニック・コム創設者でありCEO。個人の成長と成功を約束するコーチ。今までに40カ国以上50万人以上の人生に大きな影響を与え、全米トップ企業の幹部から専業主婦まで幅広い顧客を持ち、成功の手助けをした人々は数え切れない。CNN、FOXなどへのテレビ出演をはじめ、『ワシントン・ポスト』や『LAビジネス・ジャーナル』各紙でも特集が組まれている

本田/直之
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。日米のベンチャー企業への投資事業を行なうと同時に、少ない労力で多くの成果を上げるための「レバレッジマネジメント」のアドバイスを行なう。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活するデュアルライフを送っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)